スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
恐ろしい光景を見た。
 深夜テレビをつけたら、なんと、ピッツァ世界一と言う人が、ピッツァ生地を投げまわしているではないか?粉まみれになって、しかも、生地を、床におとしているではないか。練習用の生地といっても、
小麦粉なのだ。イタリアのナポリでは、名物らしいが?人を楽しませる為、といっても・・・・・
食べ物を投げると言う事は、どうも納得いかない。世界には、貧しくて、小麦粉を買えない人々が、いっぱいいるのに・・・・・・。昔・若いころ、京都で座禅の修行してた時お坊さんが、「食べ物は、天から授かったたいせつな物、お茶碗でご飯たべた後も、お湯で洗って食べたものだ、米一粒も残したらだめだったのだ。」しかも、生地を投げている人は、調理師学校の先生だった。それを聞いて、椅子から転げ落ちそうになってしまった。私は思う、大切な小麦粉は、捨てられるために、つくられたのではない、人間が生きていく為に、つくられたものだ。もっと、食べ物の大切さを、伝えてほしい、と思った。
農家の人は、どんな思いなのだろうか。
食べ物を、投げるのが、嫌いな私でした。
| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
濃い。

カップメンがだんだん濃くなっていくらしい。半分食べて、粉末を入れると、別の味になるらしい。
濃い味をいれるらしい。薄くても、私には、食べられない。添加物が濃いのだ。
濃い味の二重重ねだ。最近の人は、濃い味に満足するらしい。短時間で美味しく食べれて満足するらしい。それにより、生活の中に気分をいれるらしい。空しい世の中になってきたものだ。
忙しいといえば、忙しいけど?
添加物とりすぎだぁ。味覚破壊になる。病気になるわ。心も体も?
たまには、ゆっくり、よくかんで、おはなしして、いっぱい、たべようよ。
ワインのみながら、ウーロン茶でもいいけど?
もちろん、マミでね。

| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
都倉俊一
 昨日久しぶりに、音楽家都倉俊一をテレビでみた。20年ぶり?かなぁ。日本人のスティービーワンダーと香港人のレディカガのボーカル対決の審査員だった。都倉俊一がいった。
「音楽というものは、点数つけられないんだよ。好きか嫌いかなんだ。」といった。
「日本の老舗天ぷら屋さんと香港の気鋭のふかひれ料理。どっちが、美味しいか、きめられないんだ。」と言った。そうなんです。個人個人の好みか、好きか、嫌いか、両方好きかである。点数なんて、つけられないではないか?基準は、無いのだ。味覚は、みんな違うのだ。
音楽も、料理も、似ているところが、あるんだな、とあらためて、思った。
ちなみに、AKB48と北島三郎とベートーベンなんか、比べるべきものでは、ないとおもいます。
日本料理とイタリア料理と中華料理とフランス料理なんて、野球とサッカーほど違うとおもいます。
点数は、付けられません。
| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
有名ソムリエ、おまえもか?
 もう数年前のこと、深夜有名人が、ジャニーズのひとたちに、自分の行きつけの、美味しい店を、紹介するという、番組があった。
テレビで有名な、ソムリエの担当の日だった。
ソムリエが言う。「僕の行きつけの親子どんぶりの店だ、たまたま入ったのがきっかけで、今では、病みつきになった。たまごのからみ具合とご飯と出汁は絶品。」と言っていた。
これは、楽しみだ、どんな、親子どんぶりがでてくるのか、どんな職人が、どんな拘りをもっているのか、わくわくしてた。
たぶんいしょにいた、玉森くん、もそういっていた。いまだに、スマップの名前と顔が一致しない、私も、この件で、ジャニーズ系の玉森くんだけは、覚えてしまったのだ。
この件とは、私がまたもや、椅子から、ころげおちそうになった、光景だ。
なんと、そのソムリエが、案内した、親子どんぶりの店とは、看板見る前に、わかってしまったのだ。
まさか、と思った、玉森くんも、そう思ったらしく、「まさか、ここでは、ないでしょう?ここなら、僕らにも、行けるし。」と突っ込んでいた。でも、ソムリエは、「ここだよ。」といった。ビックリ、口をあいた玉森くん。
またまた、美味しそうに食べる、ソムリエ、美味しそうな、言葉を言っていた。べた褒めだ。
さっそく、わたしも、その店に、言ってみた。後悔、まったく、想像していた、味だった。
17歳ぐらいの、アルバイトの女の子が、作っていた。いっぱい、380円だったか。
まったく、チェーン店の味だった。あっちこっちにある、牛丼店みたいな24時間営業のみせだよ。
あの店は、小腹がすいた時か、忙しいときに、ふと立ち寄る、店ではないか?
テレビで行きつけの美味しい店を紹介する店ではないではないか。
しかも、添加物の味しかしないではないか。値段考えたらあたりまえではないのか?
有名ソムリエには、添加物大好きでもなれるのか?
ワインに合う、親子どんぶりの店を、紹介せよ、と言いたい。
もう、何年も前に、ソムリエ試験を、受けたが、落とされた、私のひがみでした。
| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なんと、ビックリ!
 テレビを見ていた、京都で、有名な料亭のご主人が出ていた、何か作っていた。土鍋ご飯だ。
材料に野菜や肉など、入れていた、美味しそうだった。たしか、がっつり簡単丼の作り方特集
だたかな?さすが、あっちこっち、に店を持つご主人だと思ってみていた。
当店も土鍋ご飯を、やりたくなってきた。
しかし、そのご主人に、とんでもない、光景を見せられた。
私は、その瞬間椅子から転げ落ちそうになった。
なんと、土鍋ご飯の仕上げに、甘さ、苦み、うまみをだすために、これを入れると旨いんだといって、
とんでもない、ものを、入れてしまった。
びっくり、!、びっくり、ビックリ、なんと、なんと、缶コーヒーをいれたのだ、残念、なんてこと、するんだ、京料理の有名ご主人。
日本料理とは、いかに素材の持ち味をいかすか、の追求ではないのか?缶コーヒーとは、香料など、添加物のかたまりなのだ。香り、甘さ、色ほとんどが、人工なのだ。それを、いれることによって、本来の自然な食材の香り甘さ旨みがきえてしまうのだ。イタリアでコーヒーを入れるリゾットがあるが、エスプレッソだ。
ご主人よ、あなたの味覚まで、添加物におかされてしまったのか、添加物の好きなご主人の料亭は、添加物好きな、添加物で味付けしないと物足りないお客さまがあつまるのか?いや、それが、世の中の流れなのか?私がとり残されているのか?添加物が嫌いな私なのです。
マミでは、添加物による味つけ、香り付けは、いっさい、しておりません。自然の味を大切にしております。
| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カレー
 たまたま、テレビ見ていると、カレー大好き芸能人が、選ぶ大阪カレー特集というの、やっていた。
カレー評論家や、飲食雑誌記者が選んだベスト3だった。
それを、試食した、芸能人が、旨い旨い、と絶賛していた、カレーの店。ネットで調べたら、なかなか、好評みたいだったので、行ってみた。
新聞記事に、大阪の有名料理評論家が絶賛していた、昔から、あるらしい、カレーハウスにも、いってみた。
両方とも、また食べたくなる味だとか、通っているとか、言っていた。たしかに、値段は、たかくはないが、ネットでも、96パーセント評価は、高かった。
テレビ画面では、色々な食材や、フルーツなど、入れて、これが、長年研究した、分量と材料と、店主は、もったいぶって、言っていた。
しかし、私の味覚とは、あわなかった。何をいれてるのだろう?化学の味しかしないのだ。
ブイヨンとか、玉ねぎ、とか、牛肉とか、じゃがいものコクとか、自然の甘みがしないのだ。カレーの
本来の奥深さがないのだ。
やっぱり、添加物が好きな人が多いのか?料理評論家までもか?どれも、後味が、同じだった。
自然の味ではない。
大昔、フランス料理店で、働いていた時、よくカレーを仕込んでたものだ。今のフレンチと違い昔は、カレーは、フランス料理の定番だった。濃厚なブイヨンに、大量の牛肉、玉ねぎのソテー。ルーは、ニンニクやショウガなと、よく炒めたものだった。作り方は、忘れたけど、味は、まだ覚えてる。
でも、全部、自然食材だった。
玉ねぎ、牛肉、じゃがいも、人参、いっぱい入った、お家カレーが、一番美味しいかも?
日持ちするので、お家では、沢山作りましょうよ。
| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おにぎり
 ある日、ラジオで名前忘れたけど、有名らしい、アナウンサーが、言っていた。
最近のコンビニの、おにぎりは、絶品よ。完璧だといって、コンビニベスト10を
発表してた。ゲストのタレントも、これは旨いと、みんな感動してた。
これを聞いて、買わないわけがない、好奇心、オオセイな私。
はじめて、コンビニ3店まわって、ベスト3を買ってしまった。
袋を破った瞬間、後悔が。
私には、薬の臭いしか、しない。米の香り、自然の風味がまったくしない。
米の色、つや、が自然でない、米も小さいし形がなんか違うきがする。
なんだろう?このたべものは?私には、合わないのか?
まるで、冷たい物質みたいだった。
子供のころ、お母さんが、作ってくれた、おむすび、が懐かしい。
米の甘い香りが、あけたとたんに、たちのぼる。美味しかった。
海苔で巻いただけだったのに。
今の子供たちは、何人、お母さん、おばあさん、の作ったおむすび、を食べたことが、
あるのだろうか?
ちなみに、私が、買った、コンビニのおにぎり、知らないお兄さんに、あげてしまった。


| rmami | 食育とは | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |