スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
食品添加物を考えるВ靴匹Δ覆辰討い襪痢
最近、食品添加物の種類が4500もあるらしい?
急に増えたらしい?
輸入緩和の為に外国の添加物をどんどん許可しているらしい?
そういえば スーパーなんかは 加工食材が かなり増えたような
きがするけど?
外国産の調味料の数も多すぎ?
日本の食材で調理すればいいのに?
わざわざ 海外から 船で食材を持ってこなくても
いいのに、と思うけど?この少子化の時代に。
でも消費者が 求めているのは、安さだけなのか?
チョット考えましょう、これでいいのか?
輸送のエネルギーを使っても、外国産の方が、安価だということは、
リスクもあるはず。たしかにいっぱいあったけど、忘れられたかな?
添加物は、私は嫌なんだけど、世間はそうでもないのでしょうか?
| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食品添加物を考えるΔ覆次怖いのか?
食品添加物は何で、食べたらいけないのか?
もちろん体に悪いから。
なんで体にわるいのか?
ではどうすればいのか?

それは 誰でも 知っている通りです。

ほんの一部ですけど?

塩分・油分・糖分・の取り過ぎです。

食塩12gの入った水は飲めないけど、食塩12g入りの
カップ麺は食べてしまう。成人1日9gの以上の塩分
は取り過ぎ。いろいろな添加物で塩辛さをカバーしてしまっている。

砂糖50g入りの水は飲めないけど、糖分50gの清涼飲料水なら飲めてしまう。
糖分取り過ぎかな、毎日飲むと、糖尿病が怖いかな。
糖尿病の怖さを知ってしまうと、絶対清涼飲料水は、飲めません。
添加物で飲みやすくなっている。

油100ccぐらい入った、焼きそばは、油っこくて食べられないけど、インスタント
ラーメンなら食べてしまう。毎日食べると、太ってしまう。添加物で食べやすくしている。

もちろん 添加物には 発がん性物質など、確認されているのも、あるらしいけど、
刺激が強すぎて、人間の本来の味覚を狂わせる場合もあるけれど、こういった、
別の怖さも潜んでいます。

便利な添加物もあるかもしれないけど?あんまり体内に、入れないほうが、良いかも
しれません。

やっぱり 自分で、野菜・魚・肉を買ってきて、上等な醤油、無添加みりん、無添加の味噌、天然の塩、砂糖
で、調理しましょう。なるべく加工品食材、ジャンクフードはやめましょう。
そして自然の味を 大切にしましょう。
その方が、安心・安全・安価だと思います。
健康の為に!



 
| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食品添加物を考えるゥ廛螢


写真は本物のプリンです。
もちろん本物です。
見た目は不細工だけど?
砂糖・玉子・牛乳しか入っていません。
だから本物なんです。

最近、お母さんが、うちの子供は、マミのプリンは美味しく
全部食べることができます、でも売っているプリンは、臭いらしく
ぜんぜん食べないんです、なんでかな?という質問がありました。

私も売っているプリンは、食べることが出来ません。
そうなんです、お子様の舌はまだ添加物に汚染されていないんです。
お母さんの舌は、味オンチなんです。

売っているプリンは添加物大活躍です。
本物の玉子が入っていないから、ゲル化剤とかコンスターチとかカロチン
で固めたり、色素とか、いっぱい入っています。だから、物質の味なんです。
牛乳も入っていません。怖いですね?

でも プリンなんて自分で作ったほうが、安くて美味しいですよ、その方が
子供は絶対喜びます。それが愛情かな。手抜きは絶対駄目です。

 

| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食品添加物を考える
食品添加物の表示ラベルが不要という変な法律がある。
気お付けないと・・・。
お持ち帰り弁当、店内調理のハンバーグ、ミンチカツ、外食、デパ地下、
等、製造者と販売者が同一の場合、添加物表示しなくても、いいらしい。
お惣菜は、信用ある人から買わないと、何入っているか、わからないから、
ちょっと、怖い。
やっぱり 自分で作りましょう。それがいい。
そうしないと、味覚がどんどんおかしくなるような気がします。
| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
添加物を考えるペットボトル・スーパーの人は読まないで。
近年スーパー等 で ペットボトル2リットル入りの、無果什飲料水,清涼飲料水、
は、150円ぐらいで、売られている。買い物客のカゴの中は、ペットボトルだらけ?
昔?はジュースは高級?だった。私の子供の頃は、ほとんど飲めなかった。
でも、化学が進化しなのか、ペットボトルの飲み物。
しかしなんと、原価は、一本10〜20円らしい、もちろん果汁は入っていない。
シロップと外国産の添加物だけで、製造されるらしい。
添加物が好きな現代人には、喜ばれるかもしれないが?
その代償は、大きいかもしれない?糖分の取り過ぎという、危険行為。
子供には、より危険。ましてカロリー0のボトルは、理解できない。
同じく、お茶も、思う、自分で茶葉から、作った方が、安くて美味しいんだけど。
添加物になれた舌には、美味しくないのか?
私は、おさゆ専門です。やっぱりお水がいい、体に負担がなく、自然だから、しかも一番安価。
お水には、お水の美味しさがあります。生駒のお水は美味。
自然に感謝です。
| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食品添加物を考える。▲泪茱諭璽此
 最近、スーパー、コンビニ、百貨店等で、お惣菜コーナーが、オオ流行り?
ポテトサラダ、サンドイッチ、海幸サラダ、牛蒡サラダ、パスタサラダ、野菜サラダ、
・・・・・。よく聞かれるんですけど、マヨネーズの作り方を知りたいと?
 でも、売っている、サラダ やタルタルソースは、色が白いし、なんか、不自然
な味だった。というか、食べることができない、酷いものだった。
 表示をみたら、「半固体状ドレッシング」と書いてあった。そうだったのです、
マヨネーズでは無くて、マヨネーズもどきだった。マヨネーズ風の口当たりをだす為に、
乳化剤や酸味料、香料でつくられていたんです。もちろん玉子なんて、はいっていません。
 なんで?こんなもので、マヨネーズもどきをつくるのか?それは、材料が、無茶苦茶
安いからなんでしょう。
 こんなものを、喜んで美味しいと言って、食べているということが、まったく、理解できません。
だだ、作るのが、めんどくさいから、なんでしょう。いいわけは、時間がない。
 まさか、自分で食べるのは、良いとしても、子供に食べさせるということには、かなり、
問題があるかもしれない。愛情のない、試験管でできた、物質だからです。
 でも、安心してください。マミでは、毎週土曜日に、料理デモを、行っています。
2〜3日前からの、予約制ですけど、お二人様3組まで、お一人様ランチ代+540円です。
11時から30分だけです。
 本物のマヨネーズの作り方を伝授します。他にカルボナーラの作り方もご披露いたします。
本物の食材で、愛情を込めて作り、食材に感謝して、いただくのが、食事だと思うんです。
それが、生きていく為の、エネルギーだと思うんです。
 物質が細胞になるなんて、きいたことは、ありません。
主婦をしましょう?                       
| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食品添加物を考えるゞ欧襪戮!ご飯!業界の方は読まないでください。

 シリーズ!食品添加物を考えましょう。
お客様の健康の為に、食品添加物について、
思う事を、思うがままに、書いてみます。
なんで、添加物は、食べてはいけないのか?
わかりますか?詳しくは、このシリーズで。
確かに、添加物だらけです、でも、なるべく
食べないようにする、方法もあります。

 今日は、ご飯です。炊いたお米についてです。
知っている人は、知っていますけど?
コンビニ、スーパーのお弁当、販売の寿司等・・・・
 よくタレントが、コンビニのおにぎり、お弁当は、最高に美味しい
などと、いかにも、誇らしげに、実名店をだして言っているのが、よく
聞きます。おそらく、私の予想だけど、ステマではないでしょうか?
最近やけに、こうゆうの、多いです。タレントだから、美味しそうに
聞こえます。それで、ついつい買ってしまった、最悪でした。
 やっぱり、酵素のアミラーゼ、セルラーゼなど、表示されていないけど、
入っています。油や添加物で、味やツヤをだしているんですね。
本来のお米の香りや甘さは、感じられません。不自然な甘みが、気持わるい。
たぶん古米でしょう?米の形も小さく不自然。外国の米も混ざっているかも
しれません。想像ですけど。日持ちさせる、物質もはいっています。
少しでも、コストを下げる為でしょう。
震災とかなんかの時は便利なんでしょうが?
 回転すしのシャリも、自然なお酢とかお砂糖の甘みは、感じられません。
いやな酸っぱさ甘さが、後味に残ります。寿司屋のような、お米の旨さはありません。                      ネタについては、別の日に書きます。
 このような、味の感覚を、理解して、食べているのなら、問題ないのですが?
こまったことに、このような食べ物が、美味しいと感じる人が、多いことに、
問題が、あるのではないですか?ようするに、物質を美味しと感じる舌なんです。
 なかには、そんなの、他人のこと、だから、ほっとけばいいのに、という、
考えもあります。
 なかなか、奥の深いもんだいです。
ようするに、安いということは、リスクもあるということなんです。
安くて、便利ということは、添加物も多いということなんです。
そして、見た目もきれいだし、物質の濃厚な、味になれると、本物の食材の味
が、物足りなく感じるということです。
 添加物には、大量の塩分や糖分や、油が、入っていても、それを、食べやすく
させる、性質があるということです。
 まだまだ、書きたいけど、文章がながくなるから、また明日です。

※だけど、一年間、添加物をたべるのを、やめてください、そしたら、添加物の、不自然さ
 が、わかってきます。そしたら、本物の食材のすばらしさを、肌で感じることができます。

 

 
| rmami | 食品添加物を考える。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |